ブログ

2020.09.19更新

こんにちは。

 

暑い日が続き、なかなか秋らしくなりませんね。

 

こんな時期は何かと体調を崩しがちです。

 

特に今年のような残暑が続くような場合は、熱中症に気をつけましょう。

 

熱中症は真夏によく起こるものではありますが、今年のような残暑の続く秋時期においても気をつけた方が良いでしょう。

 

また、今年はコロナ予防のためにマスクを着用する頻度が多く、これも熱中症を引き起こす原因の一つと考えられます。こちらについては後半で説明します。

 

具体的に、次のような環境において熱中症に注意が必要です。

 

・気温が高い

 

・湿度が高い

 

・風が弱い

 

・日差しが強い

 

これだけ見ると、真夏の外の環境を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は家の中でじっとしていても室温や湿度の高さから熱中症にかかることも多いのです。

 

特に9月に入ってからは気温の変化が大きく、クーラー等を使わなくなくて良くなったかと思ったら、また真夏日のような日が来た、ということが多く、室内といえど気温の上昇が大きいうちはまだ熱中症になる可能性は十分にあります。

 

さらに、意外なことに気温が低くても、湿度が高いと熱中症にかかりやすくなってしまいます。これは何故かというと、湿度が高いと汗が蒸発されず体温調節を行いづらい状態になり、熱が体内にたまりやすくなるためです。

 

ここで気をつけるべき事は、先ほど触れたマスク着用についてです。マスクを着用していると、皮膚からの熱が逃げにくくなり、さらに口腔内の渇きをあまり感じなくなり、水分補給が疎かになってしまうことから、熱中症にかかりやすくなってしまいます。

 

高温・多湿の環境下でのマスク着用は、さらに熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。

 

特に9月以降も気温が下がったかと思えばまた30度を超える日もあり、水分補給も夏に比べ疎かになりがちであるため、外でマスクを着用する際は水分補給をしっかり行い、人がいない場所ではマスクを外すことを意識しましょう。

 

熱中症は自身でも気がつかないうちに起こりうる症状です。暑い日や湿度が高い日が続くうちは油断せず、しっかり対策を行いましょう。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2020.07.13更新

こんにちは。


コロナウイルスが一度落ち着いたと思った矢先、また蔓延してきています。


コロナウイルスの症状として、自身でも気がつかないうちに進行する肺炎がありますが、これと似た疾患として、自身で気がつかないうちに進行する肺炎について今回はお話ししていきたいと思います。


その疾患とは「誤嚥性肺炎」です。


誤嚥性肺炎とは、嚥下機能が落ちてきた高齢者の方が発症することが多く、飲み込んだ唾液や食べ物、飲み物をうまく嚥下できず、自身でも気がつかないうちに気管に入り込んでしまうことが原因で発症する肺炎です。


しかし、誤嚥性肺炎の直接的な原因は、間違えて気管に入ってしまった食べ物にお口の中の細菌も一緒に入り込んでしまうことが原因であると言われています。


それでは、この肺炎を避けるために自身で普段からできることは何でしょうか。


それは、お口の中を常に、できるだけきれいに保つことです。


しっかりと歯磨きや入れ歯のお手入れを行い、歯や入れ歯についている汚れ(プラークといいます)を落とすことで誤嚥性肺炎にかかる確率をぐっとと下げることができるのです。


この歯や入れ歯についている汚れ、実はとんでもない数の細菌が潜んでいるのです。


なんと、プラーク1mgあたり細菌が約1〜2億個も存在すると言われています。


お口の中にはこれだけの細菌が潜んでいるので、しっかりと正しい磨き方でプラークを落とさなければいけません。


お口の中に残ったプラークが、食べ物や唾液と一緒に気管に流れてしまうことで誤嚥性肺炎を発症しやすくなってしまうのです。


プラークは誤嚥性肺炎だけではなく歯周病の原因であったり、さらに最近の研究ではプラークが血液に入り込むことで脳梗塞や認知症にもかかりやすくなることがわかってきています。(このことについてはまた改めてお話ししていきたいと思います。)


そのため、しっかりと汚れを除去し、お口の中をきれいに保つことは様々な全身疾患の予防にもなると言えるのです。


もし歯磨きや、入れ歯のお手入れを適当に済ませてしまっていると心当たりがある方は、この機会に今一度ご自身のお口の清掃に対する姿勢を変えてみてはいかがでしょうか。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2020.05.31更新

こんにちは。

 

 

ここ最近、コロナウイルスによって感染予防の意識が世間でも高まってきています。

 

 

手洗い、うがい、マスク着用といったことは、どれも非常に大切なことです。

 

 

しかし、予防という観点で見落とされがちなことが「体の免疫力を高める」ということです。

 

 

どんなに気を付けていたとしても、感染を防ぎきれないケースもあります。

 

 

もし感染してしまった場合、体内に侵入したウイルスによって症状が悪化しないようにすることが重要です。

 

 

 そのためには、体の免疫を普段からできるだけ高めておくことが大切です。

 

 

具体的に体の免疫を高めるとはどういうことか。

 

 

そのために大きく分けて3つ、大事な習慣があります。

 

 

1.生活リズムを乱さない

2.栄養をバランスよくとる

3.適度な運動習慣を身につける

 

 

一般的にもよく言われている内容ですが、なかなか継続して実践することが難しいことでもあるかと思います。

 

 

そこで、少しハードルを下げてみたいと思います。

 

 

 

1.生活リズムを乱さない上で一番大事なことは、睡眠不足を避ける、ということです。

 

 

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、最低6時間は睡眠時間を確保する必要があると一般的に言われています。

 

 

睡眠不足が続くと、体調が良くない、ぼーっとする、体が重い。

 

 

このような経験は、誰しもあるかと思います。

 

 

その様な状態では、体の免疫は通常よりも働きが悪くなり、感染症にもかかりやすくなり症状も悪化しやすくなってしまいます。

 

 

早寝早起きは人によっては難しいかもしれません。まずは睡眠時間を意識してみてください。

 

 

最低6時間、睡眠時間を確保できるよう意識してみましょう。

 

 

 

2.栄養をバランスよくとるとは、偏った食事にならないように気をつけることです。

 

 

環境によっては、食事を日常的にバランスよくとることがなかなか難しいという方も多いかと思います。

 

 

そこで、足りない分は一日のどこかで補うという意識が大事です。

 

 

昼ごはんをしっかり食べられなかったら、その分夜ごはんの栄養を意識してみる。

 

 

野菜が足りていなかったら、ビタミン剤、サプリメントで補充する。(サプリメントも栄養補助としてはとても有効的です。)

 

 

体を構成するものは食べ物、栄養です。今まであまり意識されていなかった方は、この機会に栄養にも意識を向けてみてください。

 

 

 

3.適度な運動習慣を身につけるとは、普段から体をできるだけ動かす意識を身につける、ということです。

 

 

適度な運動は健康づくりの万能薬、ともいわれています。

 

 

運動をすることで代謝が活発になり、体の免疫の働きも向上します。

 

 

運動時間を十分に確保できない方でも、駅ではエスカレーターではなく階段を上る、歩くときは早歩き、家でできる筋トレを10分ほど時間を設けてやってみる。(YouTubeで「筋トレ 時短」等と検索すればわかりやすい方法がたくさん出てきます)

 

 

このようなことを普段から習慣化することが大事です。

 

 

 

コロナウイルスの影響で、最近は外出の機会が少なくなってしまった方も多いかと思いますが、是非この3つの習慣を意識して生活してみて下さい。

 

 

ご自身のみならず、身近な方々の感染を防ぐことにも繋がりますし、精神的にも安定し充実した生活を送ることができるかと思います。

 


是非、実践してみてください。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2020.04.12更新

この度小田内科クリニックのブログを定期的に更新することになりました、院長の息子の小田 哲也と申します。

 

 

私は現在、歯科医師として医療に携わりながら医学生としても勉学に励んでおります。

 

 

歯科医師として働く傍ら、口の中に留まらず全身についてもしっかり学びたいという思いが強くなり昨年の4月に医学部編入受験を決意しました。

 

 

そして今年1月に合格を頂き、4月から医学生として勉学に励んでおります。

 


将来的には、お口も含めた全身を見ることのできる医師を目指し、弊院を継ぐことができるよう精進して参りたいと思っております。

 


これから、当院ホームページを通じて定期的にお口と全身の関係性や患者様の健康に役立つ情報を発信していきたいと考えております。

 


どうぞ、よろしくお願い致します。

 


小田 哲也

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2018.06.25更新

 

最近の梅雨は、昔のような、しとしと感をもった柔らかい女性的な感じから、スコールを繰り返すような男性的な季節になってきたように思われます。

早速前回のつづきです。

では、臨床医学は全く科学的ではないのか?というとそうわけでもないのです。

臨床では理系でいう実験に代わるものとして、多くの人々を対象にして「人」のある種の傾向を統計学によって探っていくようなことをします。

薬剤の効果・副作用・など、科学でいう実験はネズミなどを利用したいわゆる動物実験の段階で終わりです。これにより、安全性や作用機序を確認後に恐るおそる多くの人で試してみるといった順序です。その結果を統計処理してその結果を利用していくことになります。例えば、ある薬品の目的する効果と副作用を投与人数をできるだけ多くして、それらの発現の様子を探ったりします。最近、臨床でよく聞く言葉として「エビデンスがあるか?」というのがありますが、これはまさに「統計処理上での証拠があるか」ということになります。意外に臨床でこの言葉を頻繁に使い始めたのはつい10年前のことです。いかに臨床が主観的、試行錯誤的であったかが解ります。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2018.04.07更新

前回より早半年あまり、忙しさにかまけてつい筆が遠のきました。

季節は春。満開の桜を見ていると、必ず季節は巡ってくるのだという自然の摂理のありがたさ

に感じ入ります。

 

今回は、趣向を少しと変えて臨床医学(診断・治療・予後)に対しての私の考え方を書いてみました。

一般に医学部は理系に属していますが学部の専門に入ってからは自分が理系の人間だと思っていた学生はショックを受けることになります。数式などはほぼ皆無、ちょっとした理論はありますがほとんどは、暗記に明け暮れる毎日です。そんななか、生化学・生理学等の基礎医学と呼ばれる科目は一般化と再現性がみられるので、科学と呼ばれるために必須の実験がありました。しかし、臨床医学は厳密な意味での一般化はできないし、再現性も不可能です。(すべての人間は1人1人違っているのだから)したがって科学と呼ばれるために必須のこの2大要素、一般化と再現性を欠くことになり、もはや普通意味での科学ではないということになります。

それでは臨床医学(診断・治療・予後)は実務を伴う学問として
どういう位置づけが考えられるのでしょうか。

まず、医師はその扱う対象が「人」であるという基本的な面を考えても、理系であるよりも、人文系である割合が大きいことがわかると思います。

科学と呼ばれるためには、それが扱う対象をもってして、再現性を確保するための実験ができるものだと申しました。ところが、言うまでもなく「人」をしてやみくもに実験なんかはできません。

また、たとえできても再現性は保証されません。意味がないのです。なぜなら「人」はそれぞれみんな異なっているからです。したがって一般化もできないということです。応用学としての側面がほとんどだといえるでしょう。

では、臨床医学は全く科学的ではないのでしょうか?


つづく

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2017.12.14更新

ホームページをリニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2017.09.01更新

今年の関東の夏は雨が多く暑さを満喫できないで終わりそうですが、一方、熱中症は少なかったようです。
物事、良い面と悪い面が表裏一体ですね。
昼の蝉の音と対照的に夜の虫の音がいっそう心地よく感じる今日この頃です。
そこで思い出したのですが、日本人以外は虫の音は雑音としか聞こえないようなのです。
日本人は虫の音を左脳で聞くために、意味を持って感じられるようです。
そういえば、古代から和歌や俳句で鈴虫や蝉の音に風流を感じ言葉にしています。
このことは、音に意味を感じて言語として表現していると言えるでしょう。
即ち言語や論理を司る左脳で虫の音を聞いていることになります。
自然の現象を擬人的、論理的に意味を持たせてきた日本文化は人も自然の一部であると認識してきた証拠でもあると思います。
自然と対峙して文化・文明を営んできた西洋文化とは正反対の感があります。
自然と対峙してきた西洋文明から、現在の自然科学が生まれました。そして対峙することにより客観性という立場を生みだしました。
客観性は普遍性を担保しているのは確かでそれ故、科学は大いに進歩したことは間違いないと思います。
が・・科学の一つである医学、特に臨床医学においては100パーセント客観性にたつことはむしろ危険であり、有害では無いだろうかと思う今日この頃です。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2017.06.01更新

雨をかいくぐりながらバーベキューが楽しみになる季節となりました。熱中症にも、生ものにも注意してください。
今回は、メタボリックシンドロームを中心とした生活習慣病のまとめをしたいと思います。

メタボリックシンドローム=動脈硬化促進条件

動脈硬化促進=動脈血管内の狭窄と硬化の進展

特に細い動脈は重要臓器にある。動脈の狭窄や硬化により重要臓器に酸素や栄養が行き渡らなくなり重要臓器が機能不全に陥る。

慢性機能不全状態。慢性腎不全、狭心症、一過性脳虚血発作 等

急性で重篤な機能不全に陥る。動脈血管の完全閉塞や破綻出血
急性心筋梗塞(冠動脈のれん縮性梗塞を除く)脳梗塞、
脳出血、腎梗塞、等

以上、動脈硬化こそが生活習慣病の根本原因(元凶)であることが解ったとおもいます。
ところが、動脈硬化は少しづつ日々起こっています。すなわち老化と同意義です。
そうなると、健康で長生きすることは、いかに血管の老化をおそくするかにかかってくることになります。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

2017.03.01更新

そろそろ、曙とともに梅の薫りやウグイスの鳴き声が春の足音を告げるようになってまいりました。いかがお過ごしですか。
前回メタボリックシンドロームの内容は動脈硬化促進内容と同じであることを説明しました。
そこで、メタボリックシンドロームの危険性=リスクは動脈血管一般にあてはまることとなります。動脈には太い血管から細い血管まで千差万別です。ところが皮肉なことに重要臓器と言われる脳・心臓・腎臓を流れる動脈血管は特に細く動脈硬化による狭窄や破綻(血管の一部が破れて出血)に非常に弱いわけです。
脳→脳梗塞(狭窄)脳出血(破綻)心臓→狭心症や心筋梗塞(狭窄)
腎臓→腎硬化症(狭窄)→腎不全など、生活習慣病によって生じる最終病態は血管の狭窄や完全閉塞 硬化による破綻出血がほとんどです。その根底には進行性の動脈硬化があることはもうおわかりかと思います。

投稿者: 医療法人社団小田グループ 小田内科クリニック

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

体の不調でお悩みでしたら、相模原市緑区にある
小田内科クリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください

tel_042-851-2391.png
予約・お問い合わせはお気軽に042-851-2391
医院紹介 アクセス診療時間 院長コラム
医院紹介 アクセス診療時間 院長コラム